「ベランダ」掲載タイトル一覧

タイトルのリンクより、J-STAGE登載のPDFが閲覧可能です。日本薬学会会員に限り、ファルマシア最新号が閲覧できます。ログイン方法については、こちらよりご確認ください。

巻(号)    タイトル  

54(02)  アカデミアシーズの実用化に向けて

53(12)  アカデミアシーズの事業化 アクセラレーターとアカデミアの視点

52(06)  日本発の学術誌の国際発信力強化に向けて

51(08)  医薬化学部会の「創薬人育成事業」にみる次世代を担う創薬人材育成の試み

50(12)  歴代委員長に聞くファルマシア50年の軌跡

49(04)  6年制薬学教育の更なる高みを目指して 薬剤師が担っていける社会的将来ニーズを考える

48(06)  6年制薬学部で研究を行う

47(11)  医薬品研究におけるクリスタルエンジニアリングの重要性

47(06)  新しい教育

47(05)  見えてきた! AIMECS11

47(03)  6年制薬学生に対する企業からの期待

47(02)  みんなで育てよう!薬学会学術誌

45(10)  化合物ライブラリーの効率的構築と利用

45(05)  ピッツバーグの熱い日々

44(12)  プロセス化学-最前線の現場から

44(08)  日本発ライフサイエンス系ベンチャーの行方

44(05)  化粧品への薬学の寄与

44(04)  ドーピング

44(02)  実務教員として病院から教育現場に入って

43(12)  ケミカルバイオロジーを語る

43(10)  ライフサイエンス分野における産学連携:大学における知的財産と今後の展開について

43(07)  天然物化学の新展開

43(04)  創薬研究の魅力を伝える

 

43(03)  薬学におけるこれからの有機化学教育

42(12)  RNAiと創薬

42(11)  薬学生の就職は今後どうなる

42(10)  薬科学の国際展開 : 第3回世界薬学会議の成功に向けて

42(08)  医薬品開発における産官学人材交流のありかた

42(05)  ポストゲノム時代における有機化学の役割

42(03)  新教育制度への期待と夢

41(12)  みんなで考えよう「薬学会学術誌の将来像」

41(05)  医療を社会に役立てる統計学

41(03)  痛みのコントロールとQOL

40(12)  衛生薬学に期待される役割

40(10)  創薬研究を考える:最前線の研究者へ送るエール

40(09)  製剤に求められる優しさと利便性

40(05)  医薬品開発における臨床試験の促進と非臨床試験の役割

40(01)  医薬品のGMPと品質について考える

39(12)  日本で開催される第2回世界薬学会議(PSWC2004)を成功させるために

39(11)  神経疾患の基礎研究と創薬

39(05)  トランスポーター研究の将来像

39(03)  医薬開発における物性研究の現状と展望

39(02)  21世紀のメディシナル・ケミスト

39(01)  有機化学者のチャレンジ:本物を目指して

38(12)  薬学におけるトランスレーショナルリサーチ

38(11)  巷の健康食品ブーム、週刊誌やワイドショーにまかせてよいのか?

38(10)  国公立大学の独立行政法人化と病院薬剤部の展望

38(06)  我が国の製薬産業が21世紀の基幹産業になるために

38(03)  プロセス化学は21世紀の化学

37(10)  病院実務実習と大学・医療機関の連携

37(05)  DDSの夢

37(03)  バイオインフォマティクスと薬学

37(01)  20世紀の薬学を振り返って

36(11)  先端医療への薬剤師の貢献

36(09)  肥満の科学-生活習慣病との関わりと創薬への展望

36(07)  創薬に活躍する有機金属

36(06)  臨床におけるペインコントロール:モルヒネ使用の現状と問題点

36(05)  ゲノム研究の現状と将来

36(03)  アレルギー治療の現状と展望

36(01)  21世紀の創薬を支える新技術

35(09)  老化の分子基盤と予防:独自の切り口で語る

35(08)  より魅力ある日本薬学会学会誌を目指して

35(07)  有機合成化学の魅力、そして限りなき挑戦

35(06)  留学体験談 現代医学研究のメッカ ダラス

35(05)  質の高い治験を目指して

35(03)  内分泌撹乱化学物質-この物質がもたらす問題の本質は何か

35(02)  21世紀の薬科学の統合 2000年FIP世界薬学会大会について

35(01)  構造生物学と創薬の現状と課題そして将来

34(12)  医療経済と薬剤

34(09)  わが国の薬物依存の動向と展望

34(08)  化粧と薬学

34(06)  医療現場の実習担当者は語る

34(03)  レチノイドによるがんの治療と予防をめぐる話題

34(02)  統計はマジックか科学か

33(11)  脳の機能解明と脳科学

33(10)  有機合成化学に魅せられて

33(09)  質量分析の未来を語る

33(08)  生活習慣病を統一的に理解する

33(07)  サイエンスとしての医療薬学

33(06)  全合成の夢を語る

33(05)  若手研究者によるNO研究

33(04)  吸入療法の今後の展望

33(03)  上手に眠るためのサイエンス

33(02)  くすり, 知的財産, 特許係争

33(01)  ヒト化技術と医薬品の開発

32(12)  「薬学」を知ってもらうために

32(11)  糖鎖生命科学と糖鎖合成化学との接点

32(10)  パソコンを薬学に役立てるには

32(09)  実用的な有機合成反応

32(08)  新制度で初の薬剤師国家試験を終えて

32(07)  日本の科学行政を語る : 科学技術創造立国を目指して

32(06)  植物を用いたセラピー

32(05)  病院薬剤部(薬局)業務と研究

32(04)  新しいMR像を求めて, MR資格制度を問う

32(03)  バイオイメージングは未知の分野を切り拓く

32(02)  日本学術会議と薬学会会員

32(01)  先端研究と創薬科学

31(12)  薬剤師ボランティアをどう薬学教育に生かすか : 阪神・淡路大震災の経験から

31(11)  超分子と薬学

31(10)  基礎薬学分野における物理化学のあり方

31(09)  多剤併用時代をどうのりきるか

31(08)  医薬品適正使用と製造物責任(PL)法

31(07)  薬学会年会講演の電子メール受付 : その利点・問題点および将来展望

31(06)  生物無機化学は何を目指すか

31(05)  AIMECS 95 : AFMC(アジア医薬化学連合), 国際医療化学シンポジウム

31(04)  薬学部卒業生の将来

31(03)  21世紀の衛生化学を語る

31(02)  薬学受験生の意識と大学の対応

31(01)  不老長寿

30(12)  高齢者とくすり : いま, 何が問題か

30(11)  キラル医薬品の研究開発をどう進めるか

30(10)  薬剤師国家試験制度改善にあたって

30(09)  遺伝子診断と遺伝子治療 : その現状と未来

30(08)  医療薬学と有機化学の接点

30(07)  デテロイド性疾患と抗ステロイド剤

30(06)  トキシコキネティクスハーモナイゼーション : ICHガイドライン

30(05)  植物の分子遺伝学を語る

30(04)  医薬分業における薬学教育のあり方

30(03)  エイズ克服を目指して

30(02)  変貌するMR

30(01)  薬学に託す21世紀

29(11)  DDS-その軌跡と将来

29(10)  薬系院生大いに語る

29(09)  フリーラジカル研究の基礎から臨床まで

29(08)  21世紀の医療を踏まえて医薬品情報を考える

29(07)  マススペクトロメトリーの今昔

29(06)  新しい医薬資源を求めて

29(05)  生体に叡智を求めて

29(04)  医療現場からみた医薬品名のあり方

29(03)  ヘテロ環化学の過去・現在・未来

29(02)  薬学における放射科学の現状と将来展望

29(01)  毒・薬・トキシコロジー

28(12)  薬剤師業務とこれからの薬学教育 : 教育と現場の乖離をどう埋めるか

28(11)  運動療法の現状

28(10)  バイオオーガニックケミストリー

28(09)  培養細胞の創薬への応用

28(08)  ファルマシアレビュー : 13年を振り返って

28(07)  レセプターと病気と薬

28(06)  天然物の生合成研究を語る : メカニズムから遺伝子まで

28(05)  国際化時代における薬学英語教育を考える

28(04)  医薬品開発における諸問題

28(03)  創造と発見 : 独創性のある研究をするにはどうすればよいか

28(02)  医薬品の基礎研究分野における産学官の研究交流のあり方

27(12)  薬学研究奨励財団創立10周年

27(11)  薬学会年会における広報活動

27(10)  フッ素と薬学

27(09)  開発途上国への薬事分野での国際協力のあり方

27(08)  薬学での大学院改革の考え方

27(07)  生体核磁気共鳴スペクトル : その現状と将来

27(06)  痴呆と記憶 : 分子神経生物学からのアプローチ

27(05)  臨床薬学を問う

27(04)  免疫学 : 医薬応用への期待と課題

27(03)  医薬化学部会の設立について

27(02)  有機化学とコンピュータケミストリー

27(01)  薬学における有機合成の現状と将来

26(12)  植物分類学と薬学

26(11)  当代留学事情

26(10)  医薬品情報活動の発展的未来へ向けて

26(09)  医療技術の発展はこのような医薬品を望んでいる

26(08)  海外出張者の健康管理と携行薬品

26(07)  メディシナル・ケミストリーの新しい流れ

26(06)  薬系大学の動物センター

26(05)  高校生への薬学キャンペーン

26(04)  トレースアナリシス : アトモルレベルへの挑戦

26(03)  独創性ある研究に向って

26(02)  潜在能力をいかに開発するか

26(01)  蛋白およびペプチド性医薬品の開発における諸問題

25(12)  環境汚染モニタリングにおける国際協力

25(11)  薬学教育における薬剤師教育

25(10)  ファルマシア25年

25(09)  製剤技術の展望 : 21世紀へ向けて

25(08)  創薬科学を構想する

25(07)  マリン・バイオサイエンス

25(05)  中毒医療 : 薬学からのアプローチ

25(04)  合成医薬品開発の将来と光学活性体

25(03)  酸性雨 : 国際問題化する環境汚染

25(02)  薬用植物をめぐる話題

25(01)  蛋白質工学 : 医薬品開発

24(12)  医食同源を考える

24(11)  有機合成化学 : その現代的意義

24(10)  麻薬と覚せい剤をめぐる国際問題

24(09)  21世紀薬学と製薬産業長期ビジョン : これからの産学協調を模索して 

24(08)  日米合同薬学大会を振り返って

24(07)  老化研究へのチャレンジ

24(06)  女性薬学会員おおいに語る

24(05)  動物実験と動物福祉

24(04)  天然物研究から創薬へ

24(03)  「1990年版衛生試験法・注解」に向けて

24(02)  薬学と微生物利用

24(01)  薬学会館物語

23(12)  プロスタグランジンの研究をめぐって

23(11)  AIDSの撲滅策を探る

23(10)  地域薬剤師から薬学へのメッセージ : 学校薬剤師を御存知ですか

23(09)  化粧品開発の問題をめぐって

23(08)  脳と人間

23(07)  植物バイオテクノロジーを語る

23(06)  音楽療法 : 聞くくすり

23(05)  近代水道100年を迎えて

23(04)  2世紀目を迎える局方へ

23(03)  21世紀薬学像を探る

23(02)  麻薬等薬物乱用の根絶を目指して

23(01)  日米合同薬学大会開催へ

22(12)  生体膜から創薬へ

22(11)  薬局方の1世紀

22(10)  医薬分業32年の歩み

22(09)  ゲートキーパーを語る

22(08)  抗がん剤の実験的評価における問題点

22(07)  薬効と生体リズム

22(06)  薬学会, 薬業界の広報活動はいかにあるべきか

22(05)  薬学出身の医師から見た薬学

22(04)  酸素 : 生体における光と影

22(03)  地方衛生(公害)研究所における研究について

22(02)  医薬品をめぐる国際協力と日本の役割 : とくに開発途上国との協力をめぐって

22(01)  日米貿易摩擦と医薬品の市場開放

21(12)  製剤技術の新しい展開 : Drug Delivery Systems

21(11)  オーファン ドラッグを考える

21(10)  医学と薬学 : 富山医科薬科大学と広島大学医学部

21(09)  薬学とマスメディア

21(08)  新しいドラッグデザインの方向を探る

21(07)  勝つためのチーム作り

21(06)  薬品開発と薬価を考える

21(05)  日本人の知らない病気

21(04)  超微量分析の光と陰

21(03)  薬学を支えた薬科機器

21(02)  平均寿命について

21(01)  21世紀薬学に向って